Harenoti*Yorkie...Gucky...Poppo...Fuuka...Honoka...Kotone...oujirou...guppo.....Since2006.9.20...Minna genkiDayo 晴れのちヨーキー ちゃま病院。

ちゃま病院。



2017.桜の季節の・・・おやこびん♪
(おやびん、こびん)

この桜の名前。
「アイソつき桜」 ひどい名前だな~と
思っていた私。




愛想尽き桜(違っ)の前で、
モデルさん達の、、、、やる気???
ぬぼぉ~なお顔で、やる気、
ぬぁ~し! (*^_^*)

季節外れですものね
しゃーないわよね♪
(撮ったのは、リアルに桜の季節でしたがねっっ)







6月28日
ちゃま。病院へ行ってきました・・・・

もしもしツアーと名付けて
セカンドオピニオンへ。

同じ病気でも、獣医さんによって見解は違ってくる場合もある
投薬のスタイルも、治療方針も。
完治が難しく、長く付き合っていかなくてはならない病気なのだとしたら
早いうちにセカンドオピニオンもしっかり受けて、
他院でのご意見も伺っておこうと思いました。

って、本音は・・・・・
色々と思うところがあって
ほぼ、転院の意志を固めてのセカンドオピニオンでした。

伺った先は、隣りの市。
院長先生が担当して下さいました。

院長先生は、風香の骨頭壊死を見つけて下さった先生です。
ホニョのお目目の治療を担当して下さった女医さんもいました♪
ちゃまとグッキーは、去勢でもお世話になりました。

「あたち達のチッポ切った先生もいたー?」

ん~💦^^; それはもう、忘れて~^^;


私が隣市に住んでいた頃にかかりつけだった病院で
(風香の避妊手術は別の病院です)

今住んでいる所に移ってからも、
ちゃまをお迎えしてからも、何かあればこちらに通っていたのですが、
オラ・ポッポが高齢になってきて・・・・。
なるべく短時間で連れて行くことができる
近場の市内の病院の方が良いんじゃないか。
と、変えたのですが。

出戻りしました。


まず、院長先生に、
症状や、治療の経緯、今までの血液検査のデーター、処方薬などをまとめて書きだした紙を見て頂き。
先生が必要と思われる検査はすべてお願いします。と伝えました。

触診をしていただいた時点ですぐに
「肝臓がだいぶ腫れてるね。 腹水も感じるね。」
と言われました。

「まずは検査しよう!」

お願いします・・・・


この日の検査は
エコー ・ レントゲン ・血液検査22項目
(後日、尿検査)

さすが、この辺では有名な大きな獣医科病院です。
獣医さんもスタッフさんも大勢いらっしゃるので、
手際がよく、検査事態はびっくりするほど早く終わりました。

設備もものすごく整っていて、風香が通っていた頃には無かった
CT・内視鏡・腹腔鏡・も完備されていました。
隣の別館には、猫ちゃん専用医院も設立されていて、
さらに、鍼灸・漢方の専門治療の別館も・・・
とにかく、いつの間にこんなに大きく💦浦島太郎状態。
今年の5月には、千葉市にも、統合医療センターを開院されていて
院長先生は 行ったり来たりでとにかく忙しいんだとか・・・
( T市に居ない日は、千葉市まで行けばいいのか~♪的な)

って、話しがそれました。

検査結果が出るまではさすがに待ちましたが、
次から次とLINE(←変換^^;)来院されるワンちゃんに
元気をわけてもらったり、可愛い~って言ってもらったり(もちろん、ちゃまが)
あっという間でした。

それにしても、以前にも増して混んでる~


そして、結果。

はっきりと腹水の貯留がわかりました。
映しされたお腹の映像で、
あ、ご飯、すごく食べましたね(笑)って。(←ちょっと恥ずかしっしゅ~^^;)
胸は綺麗ですね! ヨカッタ

肝臓は、やっぱり腫れていました。
腹水の検査もしておきたいけど
摂れるほど溜まってないのでパス。

診断は、開腹検査をしていないので、
あくまでも暫定診断ですが、
A病院と同じ 「腸リンパ管拡張症」で、ほぼ間違いないでしょうとの事でした。

どういう病気なのか、とても判り易く説明して頂きました。
(A病院ではそれが無かったので、とにかく自分で調べまわりました。絶対に老眼すすんだ。)

この日の血液検査(カッコ内は前回6/21、赤字は基準値外)
●BUN 86↑(80)
●クレアチニン 1.0 (1.0)
●TP  6.8 (6.7)
●ALB 2.1↓(2.5)
●ALT 81↑(80)
●AST 69↓(86)


アルブミン下降、腹水もまた溜まり始めているので
迷っている暇はない💦
(最初から転院目的で来てるけど💦)


今後、どのようにステロイドを服用していったら良いのか
効かなくなった時には、どう対処していくのか
スパパパパン!と説明をしてくださる先生。

途中、私の「?」という表情も見逃さず
「ちょっと判りにくかったですね」ってもう一度、より詳しく説明してくださいました。
(そうだ。そうよ。これだ・・・・。)
私の理想とするやりとりに、思わず心で呟いた。

そうだ
先生、覚えてらっしゃいますか?
風香の骨頭壊死の説明を受けた時に
ポロポロ泣き出す私にティッシュを差し出してくださった事を・・・・
「(説明)ちょっと休憩しますか?」って優しく言ってくださった事を・・・・
(覚えているわけない。💦)

話しがまた脱線しました。


この日より、投薬の仕切り直しです。

まずは・・・・
ステロイド。 切る時期が早すぎたかなというのが私の感想です。
と・・・・。

炎症が収まった時点で減薬しながらもスパっと切ってしまいがちだけど
再燃した時に効果がでなくなってしまうので、
ゆっくり、焦らず切っていきましょう!
と・・・。

そして、投薬の量。
ちょっと大変だけど、
一週間目 プレドニゾロン5mg 1/2錠 一日1回
二週間目 プレドニゾロン5mg 1/4錠 一日1回

頑張って飲んでいきましょう。
(今までより多い(-_-;))

そして、
免疫抑制剤を1日2回 1cc も服用していきます。
と、胃のお薬りと、肝臓のサプリメントも。

食事に関しては、ホームメイドのご飯を推奨されているところが、より嬉しかったです。
東洋医学・自然療法を組み合わせたホリスティック医療の取り入れも行われてるのも。
希望すれば漢方だって処方して頂ける

自分なりに調べてきた事柄でも、知っている事であればきちんと答えて下さいました。
「それならば、こんなのもお勧めですよ」って視野も広げて下さって。
ネットで調べて疑問に思った事でも、いつでも聞いて下さい。と・・・


A病院は、療法食以外は一切ダメという方針で
つい先日まで、フードの事ひとつ聞くのが
とにかくしずらい環境だったので
ああ。やっぱり、これだ・・・・。ばかり心でつぶやいてました。


と、いっても
今回の病気の事がなければ まだまだお世話になっていただろうと思うのと
金銭的にも「今日はいいです~」「爪切り、サービスしておきますよ~」
などとても良心的に看て頂いてきたので
罪悪感というか、申し訳ない気持ち…が・・・。

セカンドオピニオン&転院って
それなりに、シャーッって勇気もいるし
心がザクザクってなりますね・・・・。
(ガンダムかっ💦)



気持ちを切り替えて


今後は、通院するにはちょっと遠くなるけど、
いつも混んでいて、会計、処方箋、すべて終えるまで時間もかかるけど、
近くにマックがあるので、行くたびについついドライブスルーがスルーできなくて、
割高になってしまうけど・・・

ちゃまの病気の事、久しぶりに笑顔で説明できたほど。
安心感は大きい。

とにかく ほっとしました~



ちゃま。
頑張ろうね。





なんだか長くなりましたが。
帰りは 〆はマックで。







by guppo
11:33 | みんな元気ですの♪ | comment (-) | trackback (-) | page top↑